Tribal Tattoo Artist

SAYAKO AOKI


日本にはタトゥーに興味があっても、痛みやスタジオのイメージにハードルを感じている方が多くいます

私もその1人でした


本来、タトゥーは痛みを我慢することではありません

楽しく、気持ちが高揚し、時に人を癒す力もあります


どんな形であれ、その方のメンタルに作用する、素敵な体験であることを知っていただきたいです


そのためにマシンだけでなく、ハンドポークの技術も身につけ、お客様一人一人に合ったスタイルを提供出来るように努めています


女性彫師だからこそ出来る気遣い

お客様に寄り添う姿勢を持って

精一杯やらせていただきます


                                             Tattoo Artist

                                                青木さや子




1999年

民族的文化を学びに北アメリカへ渡米
アメリカ最古の先住民ホピ族の村を訪問、5年に渡り村人と交流、トライバルモチーフ(部族的紋様)に目覚める

2011年
ハワイの伝統舞踊を学び始め、ハワイを含むポリネシア圏のトライバルタトゥー(部族的タトゥー)に惹かれる

2015年
トライバルタトゥー・ブラックワークタトゥー界の世界的権威、大島托 (Taku Oshima)氏と出会う

同年より、大島氏の影響で、本格的な作品制作を開始

2016年
アパレルブランド「PIKAKE STYLE」のプロデュース、デザイナー、アパレル販売、ポリネシアのタトゥー文化を伝えるワークショップをメインに活動

2020年
大島托氏、ハンドポーク彫師・半澤 環氏に背中を押され、彫師になることを決意

両師より、マシン、ハンドポークの技術習得、ポリネシア専門彫師として異例のスピードデビュー

現在
ポリネシアントライバルのデザイナー、彫師として、タトゥーの魅力・精神的癒しをもたらす特別な力を伝えるために、日々精進している

----------------------------------