Tribal Tattoo Artist

SAYAKO AOKI

1999年


民族的文化を学びに北アメリカへ渡米
ヒッチハイクの末、アメリカ最古の先住民ホピ族の村を訪問、5年に渡り村人と交流トライバルモチーフ(部族的紋様)に目覚める

2011年

フラを学び始め、ハワイを含むポリネシア圏のトライバルタトゥー(部族的タトゥー)に惹かれる

2015年

トライバルタトゥー・ブラックワークタトゥー界の世界的権威、大島托 (Taku Oshima)氏と出会う

同年より、大島氏の影響で、本格的な作品制作を開始

2016年

アパレルブランド「PIKAKE STYLE」のプロデューサーを務める

デザイナー、アパレル販売、ポリネシアのタトゥー文化を伝えるワークショップをメインに活動

2020年

大島氏、ハンドポーク彫師・半澤 環氏に背中を押され、彫師になることを決意

マシン、ハンドポーク両刀の技術習得、ポリネシア専門彫師として異例のスピードデビュー

現在
ポリネシアントライバルのデザイナー、彫師として、タトゥーの魅力・精神的癒しをもたらす特別な力を伝えるために、日々精進している

----------------------------------



技術だけでなく、知識をより深め

「進化を続けなければ退化するだけ」

これを信念の元に活動をしております


女性彫り師だからこそ出来る気遣い

お客様に寄り添う姿勢を持って

精一杯お手伝いさせていただきます                     

                                             Tattoo Artist

                                                青木さや子