Tribal Tattoo Artist

SAYAKO AOKI

思い返してみると、私がトライバルデザイン(部族的な図柄)に目覚めたのはポリネシアではなかった


1999年、その頃同じ夢を繰り返し見ていた私は、ある本と出会い、アメリカ最古の先住民「ホピ族」と自分には何か不思議な縁があると感じ、仕事を辞め、グランドキャニオンの麓に住む彼らの居住地に向かった

ヒッチハイクの末辿り着いた村での、彼らとの生活、儀式の最中に目にするホピ族特有のトライバルデザイン、それが今の私に繋がっている

2010年、フラを学び始めた私はハワイを含むポリネシア圏に憧れ、現地のロコやクムフラ(フラの家元のような存在)のタトゥーを見ているうちに、トライバルタトゥー(部族的タトゥー)の世界にはまっていった

夢中で調べていく中、心惹かれる作品の多くを手掛けるのは、トライバルタトゥー・ブラックワークタトゥー界の世界的権威、タトゥースタジオ「アポカリフト」のタトゥーアーティスト 大島托 (Taku Oshima)氏だと分かった

圧倒的なデザイン力、人並外れたポリネシアの知識を持つ彼の存在はとても大きく、彼のような知識や技術を身につけることが私の目標になり

2015年、本格的な作品制作、ワークショップなどを開始

2016年、自己アパレルブランド「PIKAKE STYLE」を設立
ポリネシアのトライバルデザイナーとしてロゴなどを数多く手掛けてきた

その間「痛みによる癒し」というタトゥーのもつ精神的作用を体感し、見た目だけではないタトゥーの魅力の虜となった

2020年、尊敬する大島托氏より手ほどきを受け、日本初ポリネシアンタトゥー専門の女性彫り師として異例のスピードデビュー

こうして「PIKAKE TATTOO」が生まれた

現在は今までのデザイナーとしての活動も続けつつ、ポリネシアンタトゥーを通じて、ストレス社会でもがく日本人の多くに、タトゥーの魅力、精神的癒しをもたらす特別な力を伝えるために、日々精進している

----------------------------------

トライバル柄(部族柄)は世界中に存在し、日本にもアイヌトライバル、琉球トライバルなどの伝統的なタトゥーの歴史があります


その世界は奥深く、現代タトゥーに大きな影響を及ぼし、アーティスト一人一人のセンスが顕著に現れます


スキルだけでなく、知識をより深め

「進化を続けなければ退化するだけ」

を信念の元に活動をしております


女性彫り師だからこそ出来る気遣い

お客様一人一人に寄り添う姿勢を持って

精一杯お手伝いさせていただきます                     

                                             Tattoo Artist

                                                青木さや子

〜2020〜


展示会 ハワイの手ざわり 広尾


〜2019〜

 
日焼けサロン ブロンズ 246店 壁画担当
ハワイの手ざわり 展示会 広尾
広尾Hawaiian week出店
Aloha Pa'ina コンベックス岡山 
→出店及びゲストワークショップ
ALOHA RISE 横浜みなとみらい
Aloha E'hā Festival 松山
Love Hawaii Collection 横浜大桟橋
Aloha Festival in 高松
大江戸ハワイフェスティバル 
ゲストワークショップ「ポリネシアンタトゥーの世界」
 
〜2018〜
Love Hawaii Collection 横浜大桟橋 
市川フラフェスティバル 
代官山 Wooky Lucky Happy Exhibition 
新宿京王百貨店 
常夏アロハ祭り 札幌 
新宿小田急 pop up
Poe poe hula ホイケ
広尾Hawaiian Week  ワークショップ
展示会 ハワイの手ざわり 広尾
Lei Lain 木更津 
Hālau Nā Lei O Ka Lehua ホイケ
世田谷松陰神社駅前 pop up 
茅ヶ崎ロコスタイルフェスティバル 
ゲストワークショップ
Aloha Pa'ina 倉敷 
 
2017
Love Hawaii Collection 横浜大桟橋ホール